社会福祉法人 善光会

サービス推進本部2017

浅見 晃所属:サービス推進本部 サービスサポート室 バタフライヒル細田 職種:相談員/入社年:2011年新卒入社

■ 現在の仕事内容は何ですか?
生活相談員です。特別養護老人ホームとショートステイの相談窓口になっています。
また、お客様との契約や、施設の稼動管理、居宅事業所への営業活動を行っています。
■ 仕事の中で大変なことや難しいと感じることは何ですか?
生活相談員という仕事は施設の相談窓口となりますので、私の対応ひとつで施設のイメージを印象付けてしまうことになります。自分自身が伝えたい内容やイメージしている事柄をお客様へ正確にお伝えして、お客様に共通認識を持ってもらう事に難しさを感じます。
高齢の方が相談に来られる事が多いため、難しい言葉を使うことは避け、相手に合わせた言葉や表現を使うよう心がけています。また、お客様のお話をよく聞き、こちらの伝えたい内容がきちんと伝わっているか確認をしながら話をしています。
■仕事の中でのやりがいや、感動したエピソードを教えてください!
介護生活に不安を抱えている方やご家族様の手助けが出来ることです。
介護をしているご家族様は、時折心身ともに疲れてしまっている事があります。そんな時にショートステイの利用を提案し、ご利用中のケア方法をご家族様に共有することで、ご家族様の身体的・精神的負担の軽減につなげられていると感じています。
生活相談員の仕事の役割として、そういった方々の助けとなり、ご家族様から感謝の言葉を頂いたときに、相談員としての使命を実感できやりがいを感じます。
■ 夢や目標を教えてください!
介護で行き詰まり助けを求めている方々を救っていきたいです。
これから高齢者がどんどん増えていくと同時に、疲れてしまう介護者も増えてくるかと思います。より多くの方々に対応していき、私自身も相談員としての力を付けていきたいと思います。

掛水 歩所属:サービス推進本部 居宅サービス室 リンクス羽田 職種:ケアマネージャー/入社年:2015年中途入社

■ 現在の仕事内容は何ですか?
地域にお住まいの方からの介護相談を承る業務や、介護を必要としている方がどのようにご自宅や地域での生活をしていきたいのか、どうすればこの生活を継続していくことができるかをご本人やご家族と考え、そして必要な介護保険サービス、地域の社会資源と対象者を繋げていくことをしています。
■ 仕事の中で大変なことや難しいと感じることは何ですか?
ご本人やご家族は介護保険サービスを利用することが初めてという場合が多く、制度を理解して頂くことや、その中で出来る事と出来ない事をお伝えしていくのが難しいと感じることがあります。
また、お客様のためにケアチームを組んでいくのですが、その際にお客様のケアの方向性についてサービス事業所の方にどれだけ共感してもらえるかが重要であると感じています。どれだけ共感してもらえたかで、方向性が変わるだけでなく、お客様の生活も変わっていくと思うとケアマネとしてのスキルと人間力が試されていると感じます。
■仕事の中でのやりがいや、感動したエピソードを教えてください!
様々なケースを受け持っていますが、ケアマネジャーとして介入することにより生活の基盤が整い、地域で継続して生活できるようになっていくお客様を見ると、とてもやりがいを感じます。
信頼関係を構築していくことは時間のかかることですが、一年二年と継続して担当させて頂くことで、「ケアマネはあなたがよい」とおっしゃって頂けることが多く、その時にはお客様との信頼関係が出来たと思い、とても嬉しく思います。
■ 夢や目標を教えてください!
誰もが望む場所で最期まで生活できる環境を作っていくことです。それを理想で終わらせるのではなく、実現するために「今」だけをみて行動するのではなく、常に先を見据えて「今、自分がすべきこと」に反映させていくことが重要だと思っています。
まずは目の前のお客様を支援するために、自分がこの仕事を楽しむことで魅力の輪が広がり、「ケアマネジャーになりたい!」と思う方々を増やせたらよいと思っています。