社会福祉法人 善光会

厚生労働省 令和3年度 介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業 報告書について

2022年7月28日

2022年7月28日

社会福祉法人善光会
 広報担当
TEL:03-5735-8080

 この度、社会福祉法人善光会(所在地:東京都大田区東糀谷6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:西田日出美)は、基幹型リビングラボ「Care Tech ZENKOUKAI Lab」として参加した、厚生労働省 令和3年度 介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業に関して、報告書が公表されました事をご報告いたします。

■ 厚生労働省 令和3年度 介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業とは

介護人材の不足が深刻な社会的課題となる中、その解決策の一つとして、高齢者の自立支援の促進、質の高い介護を実現するためのICTや介護ロボットなどのテクノロジーの活用が期待されています。一方で、介護現場では、「どの種類の介護ロボットを選んでよいのかわからない」、「現場が忙しく業務改革に取り組めない」といった声も少なくありません。また、開発企業は、より介護現場のニーズに合った製品開発を進めていくことなどが求められています。
こうした中、本事業は、地域における相談窓口の設置、介護ロボットの評価・効果検証を実施するリビングラボ(開発の促進機関)を含む関係機関のネットワークの形成、実証フィールドの整備などを行うことで、全国版プラットフォームを構築し、介護ロボットの開発・実証・普及の流れを加速化することを目指し行われており、当会は基幹型リビングラボ「Care Tech ZENKOUKAI Lab」として選定を受け、活動を行っております。

■事業報告書
事業報告書:https://www.mhlw.go.jp/content/12300000/000928386.pdf

 善光会は、高齢化や技術発展等の経営環境が著しく変化する状況下において、福祉事業者や関連団体との連携強化を図り、善光会が掲げる「オペレーションの模範となる」「業界の行く末を担う先導者となる」という二つの理念のもと、持続可能な介護事業モデルの確立に貢献していきます。

社会福祉法人善光会  広報担当
TEL:03-5464-8841 E-mail : info@zenkoukai.jp