社会福祉法人 善光会

文部科学省 令和3年度「専修学校における先端技術利活用実証研究事業」 VR や AR などの先端技術を利活用した現場実践能力の高い専門的対人援助職員の効果的な養成プログラム開発に関する実証研究事業報告書について

2022年7月28日

2022年7月28日

社会福祉法人善光会
 広報担当
TEL:03-5735-8080

 この度、社会福祉法人善光会(所在地:東京都大田区東糀谷6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:西田日出美)は、理事の宮本が運営企画委員および実証委員長として参加致しました、文部科学省 令和3年度「専修学校における先端技術利活用実証研究事業」 VR や AR などの先端技術を利活用した現場実践能力の高い専門的対人援助職員の効果的な養成プログラム開発に関する実証研究事業に関して、報告書が公表されました事をご報告いたします。

■ 文部科学省 令和3年度「専修学校における先端技術利活用実証研究事業」
VR や AR などの先端技術を利活用した現場実践能力の高い専門的対人援助職員の効果的な養成プログラム開発に関する実証研究事業とは

当事業は、専修学校における職業人材の養成機能を強化・充実するため、産学が連携し、実践的な職業教育を支える実習授業等においてVR・AR等の先端技術の活用方策について実証・研究を行うとともに、在宅等でも、専修学校における実践的な職業教育の質を落とすことなく提供するため、先端技術を活用した遠隔教育の実践モデルを構築することを目的として行われました。

■事業名
文部科学省
令和3年度「専修学校における先端技術利活用実証研究事業」
VR や AR などの先端技術を利活用した現場実践能力の高い専門的対人援助職員の効果的な養成プログラム開発に関する実証研究事業

■採択事業者
学校法人敬心学園 職業教育研究開発センター

■事業報告書
成果報告書:http://www.keishin-group.jp/pdf/report46.pdf
調査報告書:http://www.keishin-group.jp/pdf/report45.pdf

 善光会は、高齢化や技術発展等の経営環境が著しく変化する状況下において、福祉事業者や関連団体との連携強化を図り、善光会が掲げる「オペレーションの模範となる」「業界の行く末を担う先導者となる」という二つの理念のもと、持続可能な介護事業モデルの確立に貢献していきます。

社会福祉法人善光会  広報担当
TEL:03-5464-8841 E-mail : info@zenkoukai.jp